国際博物館会議 京都大会20198J3ICOM, 8N3ICOM
トップページ 運用予定 QSL 写真集 リンク アワード 日本語 英語

記念局設立の趣旨 
 ICOMは、国際博物館会議(International Council Of Museums)の略称で、世界の博物館の進歩発展を目的に創設された国際的な非政府機関(NGO)です。ICOMは、ユネスコの公式協力機関として141の国と地域が参画し、文化財の保護や研究・展示などで国際的に活躍しています。
 今年2019年9月には、3年に一度の世界大会が初めて日本の京都で開催されます。私たち一般社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)京都府支部では、この大会を応援し、PR活動の一翼を担うため、実行委員会を組織して二つの記念局(固定局 8J3ICOM, 移動局 8N3ICOM)を運用することとしました。
 今回の「国際博物館会議(ICOM)京都大会2019」が、参加者3000人を超える大規模な国際会議であることから、移動局の他に1kW固定局を運用し、海外にも積極的に情報を発信していきたいと考えています。
 
記念局の概要
コールサイン 局の種別 最大出力 運用地 運用周波数帯 運用モード
8J3ICOM 固定局 1kW 京都市南区 1.9~430MHz帯 SSB/FM/CW/RTTY/FT8等
主な使用機器 IC-7610, IC-PW1
運用期間 2019年4月1日~12月31日

コールサイン 局の種別 最大出力 運用地 運用周波数帯 運用モード
8N3ICOM 移動局 50W 国内各地 1.9~1200MHz帯 SSB/FM/CW/RTTY等
主な使用機器 IC-7100S, IC-7300M, IC-9700, ID-51
運用期間 2019年4月1日~12月31日
 
記念局に関する連絡先は、次の通りです。
JARL京都府支部記念局実行委員会
 〒617-8691 京都向日町郵便局私書箱21号
 mail : 
kyoto@jarl.com

アクセスカウンター 無料アクセスカウンター 無料カウンター
Copyright : JARL Kyoto 2019